知っておきたいハワイのお金にまつわること ハワリモ

お問い合わせお問い合わせ

知っておきたいハワイのお金にまつわること

ハワイの女子旅が決定したら知っておきたいのがお金のこと。現地で使われている紙幣・硬貨の種類はもちろんのこと、チップ事情などについても事前にチェックしておきたいところです。
旅行前にお金の不安はなるべく減らしたいですよね。思いきり女子旅を楽しむためにも、ここではハワイで使われているお金の種類やチップなどについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

ハワイで使われている紙幣・硬貨の種類って?

ハワイで使われているお金には紙幣と硬貨があります。日本におけるお金の単位は「円」ですが、ハワイ(アメリカ)では「$(ドル)」や「¢(セント)」がお金の単位です。
現地のレストランなどで受け取るレシートには「$60」などと記載されています。
紙幣は、1ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札、50ドル札、100ドル札の6種類です。
また、硬貨は1セント、5セント、10セント、25セント、50セント、100セント(=1ドル)がありますが、50セントと1ドルの硬貨はあまり流通しておりません。
硬貨には別名があり、1セントは「ペニー」、5セントは「ニッケル」、10セントは「ダイム」、25セントは「クォーター」と呼ばれています。
1セントが100枚で1ドルになるので、例えば、10セント硬貨だと10枚で1ドル、5セント硬貨だと20枚で1ドルになるわけです。

多めに持っておきたい紙幣について

ハワイでよく使うのは1ドル札です。ハワイにはチップの習慣があり、その際に1ドル札を使うことが多いからです(チップについては後述します)。
大きな額の紙幣を少しだけ持っておくよりも、1ドル札などの紙幣を多めに持っておいたほうが便利でしょう。

チップ事情は絶対に知っておきたいポイント!

ハワイで使われているお金の種類がわかったところで、次に知っておきたいのがチップ事情です。
日本人にはあまり馴染みのない習慣になりますので、戸惑ってしまうことがあるかもしれません。
ハワイでは買い物をしたときや食事をしたときに支払う料金の中にサービス料が含まれていないことがほとんどです。
そこでサービス料としてチップを支払う習慣があるのです。
一般的にチップは最低でも1ドルからになりますので、1ドル札は多めに用意しておいたほうがよいでしょう。

ホテルでのチップの相場と渡し方について

「チップって結局どれくらいかかるの?」と疑問に感じた方もいるはず。そこで、チップの相場について、ホテルを例に見ていきます。
ホテルでは、清掃員やベルボーイ、ウエイターに対してチップを渡します。まず、清掃員に対してはベッドの数だけ枕元に毎日1ドルずつ置いておきましょう。
つまり、ベッドの数が2つの場合、3泊するのであれば合計6ドルがチップとなるわけです。
また、部屋まで荷物を運んでくれたベルボーイに対しては、荷物1つにつき1~2ドルのチップが目安です。
ただし、大きな荷物や重い荷物の場合には5ドル程度を渡しましょう。
このほか、ルームサービスを頼んだ場合にはウエイターに利用額の10~20%ほどのチップを渡してください。
※あくまでも目安としての金額になりますので、ここで紹介する金額以上をチップとして渡しても問題はありません

タクシーやレストランの場合にはどうする?

タクシーを利用する際にもチップは必要です。タクシードライバーに対して利用額の10~20%程度のチップを渡しましょう。
支払いをおこなう際に料金より多めの金額を渡して、おつりをチップとして取っておいてもらうという方法があります。
このほか、一般的なレストランの場合、総額の10~20%ほどをチップとして払うことが多いです。チップは直接渡すのではなく、テーブルに置いて帰りましょう。
また、クレジットカード払いの場合には、レシートにチップの金額を書き込んでください。
高級レストランを利用した場合には総額の20%以上はチップとして払うべきでしょう。その一方で、ファストフード店であれば基本的にチップの必要はありません。

以上、ここまでハワイのお金にまつわる情報をお伝えしてきました。せっかくの女子旅ですので、心配ごとはなるべく減らしたいものですよね。
お金の種類はもちろんのこと、チップなどについて詳しく知っておくことで、現地で不安になることも少ないでしょう。不安を減らして最高の女子旅にしてください!