いくら両替したらいい?ハワイでの両替事情 ハワリモ

お問い合わせお問い合わせ

いくら両替したらいい?ハワイでの両替事情

ハワイの女子旅が決まったあなた。「ここに行きたい!」、「これを買いたい!」など計画を考えているだけでもワクワクしちゃいますよね。
でもちょっと気になることがありませんか?それはお金のこと。「ハワイにはいくら持っていけばいいの?両替ってどこですればいいの?」などの疑問を抱えている方も少なくないはず。
そこで、ここではハワイにおける両替方法について詳しく見ていきます。

両替って日本よりハワイでしたほうがお得なの?

「円」から「ドル」への両替については日本でもハワイでも可能です。
日本で事前に準備する場合、空港や銀行などで両替ができます。空港で両替をする場合には飛行機の搭乗時間を考えながら余裕を持って済ませておくことが大事です。
空港の両替所であれば、どこで両替をおこなってもレートに大差はありません。ただし、日本で両替をおこなう場合には手数料が高いため、現地のハワイで両替したほうがお得なケースが多いです。

ハワイではどんな場所で両替できる?

ハワイでは、日本と同じように空港や銀行などで両替ができます。また、ホテルや街の両替所などでも可能です。
基本的に空港やホテルなどは手数料が高めに設定されていますし、銀行の場合には両替可能な時間が限られてきます。
以上の理由から、お得に両替することを優先するのであればハワイの街中にある民間の両替所でおこなうのがよいでしょう。

レートは両替所によって違うので、必ずレートを確認してから利用してください。

街中にある民間の両替所って大丈夫?

ハワイの街で見かけることの多い民間の両替所。日本語で、「日本円両替所」などの看板が出ていることが多いので、すぐに見つけることができるでしょう。
民間両替所の多くは、ハワイの州から公認を受けていますので基本的には安心して利用できます。外からでもわかるかたちでレートを表示している両替所を選ぶことがおすすめです。
円からドルへのレート、ドルから円へのレートの両方がわかりやすく表示されているところがよいでしょう。
両替所によっては、夜遅い時間まで営業しているところもありますが、防犯上のリスクも考えて明るい時間帯に両替は済ませてください。

……ところでいくら両替するべき?

気になるのが「ハワイにはいくら持っていけばいいの?」ということだと思います。
こちらは現地での過ごし方にもよりますし、クレジットカードを利用するか、しないかにもよるので一概には言えません。あくまでも目安としてお伝えします。
まず、ハワイにはチップの習慣があり、チップは現金での支払いが大半になるので、必ず用意しておくべきでしょう。
例えば、宿泊しているホテルのベッドを清掃してくれる清掃員に対しては1つのベッドあたり1ドル。荷物を運んでくれたベルボーイには荷物1つにあたり1~2ドル程度です。
ホテル以外でもレストランやタクシーなどチップが必要になる場面は多々ありますので、1ドル札を多めに持っておくと便利です。
チップに使う金額としては1日20~30ドル程度を目安に考えておきましょう。もちろんレストランやタクシーなどを多く利用する場合にはもう少し用意しておいたほうが安心です。
ただし、大金を持ち歩くのは盗難やスリなどのリスクがあるのであまりおすすめできません。

いかがでしたでしょうか。ハワイに行く前に知っておきたい両替について説明してきました。
まずは現金での支払いが中心になるのか、クレジットカードでの支払いが中心になるのかという点を事前に考えておくことをおすすめします。そのうえで必要な分だけ両替するようにしてください。